トイレの換気扇を付けなかった為、風向きによって匂いがはいってくる

以前の家でトイレが狭く窮屈だったため、一畳半の大きなトイレにして掃除や換気もしやすいように窓を少し大きめにつけました。

業者さんに相談したところこの大きさの窓が付くのであれば換気扇を付けなくても空気が澱まないので大丈夫!

そこでコストカットできますとすすめられ、窓であれば故障やメンテナンスも換気扇より楽でいいなと思い付けないことに決めたのですが、実際入居して暮らしてみると、驚き!

風向きによってトイレから出るタイミングで芳香剤の香りやひどいときには嫌なにおいが部屋に流れてきてしまうようになったのです。隣がダイニングなので最悪です。

これは窓を開けているからいけないんだと思い、閉めたままにしているとトイレ内の空気がよどんでこもってしまい、それはそれで匂いが気になります。

トイレの芳香剤としてはいい香りのものでも、部屋に流れ込んでくるといい匂いとは言えないものが多く、芳香剤も置けなくなってしまいました。

やはりコストをかけてでも小さな換気扇をつけるべきだったなと後悔しています。

今は無効タイプのスプレーや置くタイプの消臭剤を使いなるべく匂いが流れてこないようにしていますが、お客さんが来た時など匂い大丈夫かな・・・と、不安になってしまうことがあります。

こちらもどうぞ⇒龍ケ崎市 注文住宅